あなたのウォーキングは大丈夫?足が太くなるNGな歩き方

ウオーキングする女性

 

太い脚を細くしたいと頑張って毎日ウォーキング、でもそのウォーキング、キチンと正しい方法で行っていますか?
「ただ歩くだけのウォーキングに正しい方法ってあるの?」って思われるかもしれません。
歩くだけのウォーキングも正しい歩き方は脚痩せに繋がり、NGな歩き方は逆に脚を太くして筋肉太りになります。

 

筋肉太りを招く歩き方
  • ひざを内側に向けて内またで歩く
  • ひざを曲げたまま歩く(ハイヒールを履いた時に起こりやすい歩き方です)
  • 脚を引きずるようにして歩く
  • つま先から地面に着地する

 

このような歩き方をしていると、脚の形や太さに大きな影響を与え、脚の歪みと太もも太りの原因になります。
特に危険とされるのが浮指です。浮き指とは、足の親指が地面についていない状態のことを言います。
この親指を反らせて歩く癖がある方は、ほとんどが太ももが極端に太くなる、いわゆる「洋ナシ太り」体型になっています。
これはお尻や太ももの筋肉で、親指でふんばる力を補っているからです。

 

このように癖のある歩き方は、本来かかる部分の力が違う部分で補われ、筋肉が変なところにつき、太い脚に見えてしまいます。
エクササイズや食生活の改善を行っても、歩き方が悪いと効果が出ないというケースもあります。
日常的に行われている歩くという動作の影響もかなりのものなんです。
ウォーキング1つにしても、まずは自分の姿勢や歩き方に気を配ってみる必要がありますね。

ウォーキング、ポイントを押さえて理想のスリム美脚を手に入れよう

 

脚を細くする方法としてもっとも簡単なのが、日常の歩き方の見直すことです。歩き方?と思われるかもしれませんが正しい姿勢と正しい歩き方は意外と出来ている人が少ないのです。ここでは、脚を細くするポイントとして正しい姿勢と歩き方をご紹介します。

 

正しい姿勢の作り方

正しい歩き方は正しい姿勢から、要となるのは「骨盤」とサポートする「肩甲骨」です。次のようなフォームをとりましょう。

  1. おへその下に力を入れてお腹を凹ませ、骨盤をまっすぐ上へ立てるようにします。
  2. 猫背にならないよう、肩甲骨を体の中央に寄せ、胸を開いて背筋をピンと伸ばします。

 

※お尻が出るほどお腹を凹ませたり、胸を張りすぎたため反り腰になってお腹が出ることのないようにしましょう。
理想の姿勢は、横から見て凸凹のないまっすぐな状態です。

 

正しい歩き方

正しい姿勢が作れたら、次は正しい歩き方です。歩き方のポイントは、以下の通りです。

  1. ひざ裏を伸ばしたまま歩きます。一歩踏み出した時の脚が、「人」の字になるようなイメージです。
  2. 腕は前に振らず、後ろに引くだけにします。腕を後ろに引くことで肩甲骨が動き、背中の大きな筋肉が動きます。
  3. かかとで踏み出し、かかとから着地します。かかと→母指球(ぼしきゅう)→小指球(しょうしきゅう)の順番で着地するとひざや関節への負担もかからず内腿の引き締め効果にもなります。
  4. つま先は、まっすぐ前に向けて大股で歩幅を広く歩くを心がけましょう。
  5. 自然な体重移動でお腹、お尻、太ももの裏に力を入れて歩きましょう。

 

毎日ウォーキングにとり入れるのなら、少し疲れるぐらいの距離を腕を大きく後ろに引きながら、全身の筋肉を動かすことを意識して歩きましょう。ウォーキングが無理でも、普段歩いている道を正しい姿勢・正しい歩き方であるくことで引き締まった美しい脚に近づけます。長く続けてこそ効果が出てきますので、ぜひ習慣化しましょう。

 

 

ウォーキングと一緒に習慣にしたいのが毎朝のストレッチ♪>>