骨盤ダイエットでお腹周りがスラリ

骨盤について

 

多くの方が挑戦している骨盤ダイエットも理由がわからないと試そうとは思いませんね。
特に女性には良い効果があるので、出来れば試して頂きたいです。

 

私たちの骨盤は非常に歪みやすくなっています。
骨盤には内臓が収まっていますので、しっかり支えられないと内蔵が下る現象が起きます。
腸が圧迫されて便秘になったり、胃下垂になると食事量が多くなる方もいます。

 

骨盤が歪んで、このような状態が起きるとダイエットには良くないと思いませんか?

 

そして、女性は子宮や卵巣も骨盤に収まっています。
婦人科系のトラブルがある場合には、骨盤の歪みが原因になることもあります。

 

見た目には下腹が出て見えてしまうので、スタイルまで崩れます。
30代女性でもデスクワークが多く、足を組むくせのある方は注意したほうが良いですね。

 

簡単骨盤調整法

 

整える方法は簡単で、両足を肩幅に開いて立ったら、そのままで両膝をつけます。
両膝をつけたままで、ゆっくりと呼吸をして下さい。
1セット4回だけなので、スキマ時間に出来ますよ。

 

ただし、夕方から寝る前の間には実践しないで下さい。
骨盤が閉まると眠りにくくなるので、この運動は朝から夕方になる前にするようにしましょう。

 

バスタオル2枚でウエストが細くなる!?骨盤枕ダイエット

 

みなさんは「骨盤枕ダイエット」はご存知ですか?以前テレビ番組でも取り上げられ、話題になったダイエット法です。
「骨盤枕ダイエット」というのは、骨盤に筒状の枕を当てて5分間寝るだけでウエストが細くなるという画期的なダイエットです。

 

腰に筒状の枕を当てて寝ることで、骨盤や内臓を正しい位置に戻してぽっこりお腹が解消され、股関節の位置を内側へと傾けることでウエストが細くなる仕組みです。
使用する骨盤枕をバスタオル2枚で作れてしまうところもこのダイエットのいいところです。

 

骨盤枕の作り方

材料 : バスタオル2枚、ビニールひも

  1. 2枚のバスタオルをなるべく硬く、グルグルと巻いておきます。
  2. タオルをビニール紐できつく縛って固定します。

 

骨盤枕ダイエットのやり方
  1. 両足を伸ばして床に座り、この体勢のまま骨盤枕をお尻にピタッとつく位置に置きます。(この時、背筋は真っ直ぐ伸ばします。)
  2. 両手で枕を押さえ、枕の上に腰を乗せながら体をを後ろへ倒します。この時、枕の中心がおへその真下にくるようにします。
  3. 体の力を抜いてお腹をへこませます。
  4. 足の親指同士をくっつけて「ハ」の字を作ります。
  5. 両腕は頭の上に伸ばし、手の平を床に向けて、左右の小指、薬指同士を重ねます。
  6. 顔は真っ直ぐ、天井を見ましょう。この状態をキープします。

 

【注意事項】
※腰に痛みなどがある人は負担になる可能性があるのでやめましょう。
※最初はキープ時間は1〜2分、慣れてきたら時間を延ばして、最長5分までにして下さい。
1日3回厳守!やりすぎても効果は出ません。
※起き上がる時は、体に負担をかけないよう、体を横に倒して肘を使ってゆっくりと起き上がります。

 

いろいろと注意事項はありますが、道具も家であるもので作れてやり方も難しくありません。
ぜひ、試してほしいダイエット法です。

 

 

骨盤枕ダイエットのあとにストレッチも効果的です!>>